戸建住宅

返済計画

住宅購入後にかかる税金

固定資産税と都市計画税

マイホームを購入すると、次のような税金がかかります。

固定資産税(地方税)

  • 原則として、土地・建物・償却資産に課税される地方税です。
  • 課税対象者は1月1日現在の固定資産税台帳に所有者として登録されている人です。
  • 税額は固定資産税評価額×税率 ⇒ 通常は1.4%

都市計画税(地方税)

  • 原則として、都市計画法で指定された市街化区域内の不動産に課税されます。
  • 税額は固定資産税評価額×市町村が定める税率です。(上限は0.3%)

地価税(国税)

  • 一定価格以上の土地の保有者に対しての国税です。
  • 1998年以降は課税が停止されています。

特別土地保有税(地方税)

  • 一定面積以上の土地を取得したとき、保有しているときに課税されます。

ここがポイント

不動産を所有している場合の税金は原則、固定資産税都市計画税と考えましょう。
地価税は、当分課税停止。特別土地保有税はかなり高額の不動産保有者が対象です。

固定資産税・都市計画税の軽減措置

新たに住宅を所有した場合は3年から7年の範囲内で固定資産税と都市計画税の軽減措置が受けられます!!

住宅用地

  本来の税額
固定資産税 固定資産税評価額×1.4%
都市計画税 固定資産税評価額×0.3%

→

軽減措置
  • 小規模宅地(1戸当たり200㎡以下の部分)
    課税額を1/6軽減
  • 一般用住宅用地(1戸当たり200㎡超の部分)
    課税額を1/3軽減
  • 小規模宅地(1戸当たり200㎡以下の部分)
    課税額を1/3軽減
  • 一般用住宅用地(1戸当たり200㎡超の部分)
    課税額を2/3軽減

新築住宅

  本来の税額
固定資産税 固定資産税評価額×1.4%

→

軽減措置

2024年3月31日までに新築された認定長期優良住宅の建物は、新築から5年間(3階建て以上の耐火構造・準耐火構造住宅は7年間)固定資産税が2分の1

主な要件

  • 建物の総床面積の1/2以上が住居用であること
  • 床面積に共用部分の按分面積を加えた面積が50㎡以上280㎡以下
v
R
Ȏ̏
ynEȊOɕKvȏp
Z[Ĩ|Cg
ԍόv
Z[̌
̑̒m
J^O͂炩
vɊւ邨⍇͂炩
vpW
悭邲