戸建住宅

住宅ローンの見直し

住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンの借入後の金利上昇から、家計を守る方法として有効なのが、「繰上げ返済」です。繰上げ返済は以降の残債を少なくすることで、金利上昇の返済額への影響を少なくすることが出来ます。

繰上げ返済の方法には「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2つがあります。

「期間短縮型」
期間短縮型は、毎回の返済額は変えずに、返済期間を短くする方法です。
「返済額軽減型」
返済額軽減型は、返済期間は変えずに、毎回の返済額を少なくする方法です。

条件が同じであれば、期間短縮型のほうが、軽減できる利息の効果が大きく、返済期間も短縮できるので、老後のマネープランにもメリットがあります。

期間短縮型
返済額軽減型

教育費などの負担とローンが重なって家計が苦しい場合は、軽減型を選択し、現在のローン負担額に耐えられる家計であれば、期間短縮型を選択するのが一般的です。

  • やってみよう
  • 繰上返済の効果を計算する

ここがポイント

繰上げ返済は早くするほうが効果的

繰上げ返済は返済開始からの時期が早いほうが、期間短縮効果も、利息軽減効果も大きくなります。同じ返済額でも先延ばしにするほど、効果が少なくなります。但し、定期預金などとは違い、繰上げ返済に充てた資金は、手元の預金としては、無くなってしますお金です。万一の場合に備えるお金と将来のライフプランを考えながら、無理の無い範囲で実行することを計画しましょう。

v
R
Ȏ̏
ynEȊOɕKvȏp
Z[Ĩ|Cg
ԍόv
Z[̌
̑̒m
J^O͂炩
vɊւ邨⍇͂炩
vpW
悭邲