暖かな日差しと窓の線が美しい住まい

深い軒と上下階でそろえた窓が美しい外観

深い軒と上下階でそろえた窓が美しい外観

東南の角地に建つS邸。「寄棟屋根にして軒を出す」というご要望に応えた外観デザインです。上下階で位置を揃えた大きな窓が印象的です。

敷地奥に設けた玄関

道路から玄関の出入りが見えないよう、道路の奥にある建物より、さらにその奥に玄関を設けました。
敷地奥に設けた玄関

坪庭から公園へと視線を誘う玄関ホール

玄関ドアを開けて建物に入ると、正面は大きなガラス窓です。窓越しに坪庭とその先の公園の緑が広がります。玄関収納は壁面をいっぱいに使った大型のもの。扉はナラ材を使用。
坪庭から公園へと視線を誘う玄関ホール
あえてソファは置かずに広々と

あえてソファは置かずに広々と

床は無垢のオーク。素足に心地よいだけでなく、ナチュラルな木目と色合いが目にやさしく穏やかな空間をつくります。子どもが小さな間は、あえてソファを置かず広々とした空間を楽しみます。
木の魅力を引き立てるシンプルなキッチン

木の魅力を引き立てるシンプルなキッチン

天井や壁をすっきりと整えることで、オークの豊かな表情を楽しむLDK。キッチンの奥の壁も、あえて吊り戸棚を設けず、上部を塗り仕上げ、下をタイル張りにして、インテリアのアクセントにしました。

桜を眺めるために設けた大きな窓

テレビ横の窓は公園の桜が見える位置に設けました。テレビの左手の引き戸は収納スペースのもの。散らかりやすいおもちゃもすぐに片付けることができます。
桜を眺めるために設けた大きな窓

濡れ縁が広げる庭の楽しみ

日当たりのよい南側に連続して掃き出し窓を設け、濡れ縁を室内の床とフラットにつなげました。ご家族のお気に入りの場所です。
濡れ縁が広げる庭の楽しみ

玄関から楽しむ坪庭の夕景

坪庭の植栽をライトアップし、夜もガラス窓越しの眺めが楽しめるようにしました。
玄関から楽しむ坪庭の夕景

室内側から使うエントランスクローク

エントランスクロークはあえて土間続きにせず、室内側から使うようにしました。使い道が広がり「わが家にはこのタイプのほうが合っている」と奥さま。
室内側から使うエントランスクローク

夕暮れにともる暖かな光

東向きのコーナー部の窓は、公園の桜が楽しめるようにこの位置に設けました。外観の美しさだけではなく、住む人に四季の彩りを与える住まいです。
夕暮れにともる暖かな光
住友林業 MYHOME PARK
THE WORKS 受け継がれ、語り継がれる邸宅を

お近くの展示場で、ぜひ木の風合いをお確かめください。

来場予約もできます

展示場を探す / 来場予約

家づくりイベントを探す