住友林業グループ中期経営計画
サステナビリティ編2024

重要課題4 
広く社会に快適でぬくもりある
空間の提供

重要課題4

重要課題4 
広く社会に快適でぬくもりある
空間の提供

広く社会に対して、安心・安全で、快適さとぬくもりのある空間を提供する

関連するSDGs

基本的な考え方

差別や貧困などの人権問題、災害の激甚化、新型コロナウイルスの感染拡大など様々な社会課題が顕在化する中、ウェルビーイング(幸福)への志向が高まり、住まいを中心に人の生活空間には、安心、安全、快適性やぬくもりが求められています。

住友林業グループは、行動指針に「お客様の感動を生む、高品質の商品・サービスを提供します」を掲げ、新築戸建やリフォームを中心とした多くのお客様それぞれに対して、安心、安全、快適性やぬくもりを感じられる品質の高い商品を提供することに注力することで、お客様満足度の向上に努めていきます。

社会・環境へのインパクト

重要課題4 インパクト(影響)
広く社会に快適でぬくもりある空間の提供

広く社会に対して、安心・安全で、快適さとぬくもりのある空間を提供する
クレーム削減によるお客様満足度の向上
品質向上による社会的信頼性の確保

重要課題4のマネジメント

中期経営計画サステナビリティ編2024において、重要課題4は5つの評価指標に分け、管理部署の年度活動方針や施策に落とし込みマネジメントを行っています。また、重要課題が社会・環境に及ぼすインパクトについても検証を行っています。

各目標のマネジメント

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標(数値目標) 管理部署 2021年度
実績
2022年度
計画
2023年度
計画
2024年度
計画
お客様満足 設計性能評価実施率(%) 住宅・建築事業本部 - 99.0 99.0 99.0
建設性能評価実施率(%) - 99.0 99.0 99.0
長期優良住宅認定取得率※1(%) - 95.0 95.0 95.0
入居時アンケート(単体NPS値※2)(%) - 51.0 52.0 53.0
工事担当のお客様アンケートの点数向上※3(点) - 75 78 80

※1 専用住宅かつ該当床面積以上に制限

※2 NPS(ネットプロモータースコア)。顧客ロイヤルティー(企業やブランドに対する「信頼」や「価値」の度合い)を測る新しい指標

※3 住友林業ホームテックのみの評価指標