住友林業グループ中期経営計画
サステナビリティ編2024

重要課題8 
DX・イノベーションによる
市場の変革

重要課題8

重要課題8 
DX・イノベーションによる市場の変革

DX・イノベーションをはじめとする市場の変革を通じて、経済の効率性と付加価値を高める

関連するSDGs

基本的な考え方

伝統や経験が重視されてきた林業や木造建築の分野においては、担い手の減少や高齢化、技術の高度化やグローバル化、今後の需要拡大などの状況を見据えた場合、DXやイノベーションをはじめとする市場の変革により経済の効率性を高め、その付加価値を向上させていかなければなりません。

住友林業グループは、DX・イノベーションを通じて営業活動やサプライチェーンの効率化を進めることで、質・量を確保し、付加価値を高めた木質資源の提供を目指します。また、同様の課題が存在する介護事業分野でも、イノベーションを導入し、利用者の安心・安全といった付加価値と業務の効率化を図っていきます。

社会・環境へのインパクト

重要課題8 インパクト(影響)
DX・イノベーションによる市場の変革

DX・イノベーションをはじめとする市場の変革を通じて、経済の効率化と付加価値を高める
業務効率化による働きやすさの向上
データの有効活用による生産性の向上

重要課題8のマネジメント

中期経営計画サステナビリティ編2024において、重要課題8は3つの評価指標に分け、管理部署の年度活動方針や施策に落とし込みマネジメントを行っています。また、重要課題が社会・環境に及ぼすインパクトについても検証を行っています。

各目標のマネジメント

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標(数値目標) 管理部署 2021年度
実績
2022年度
計画
2023年度
計画
2024年度
計画
DX関連 販売先とのデータ連携(社)
導入率(%)
木材建材事業本部(ITソリューション部) - 720
60
770
64
820
68
RPA・OCR導入率(%) - 80 90 100
介護事業のセンサー機器導入済施設数 生活サービス本部 - 18 19 19