戸建住宅

住宅ローン選択のポイント

いくらまで借りられるの?

住宅ローンは、基本的な基準として年収に対する返済額の割合で計算する「収入基準」があります。
年間の返済額がこの基準をクリアしないと融資は受けられません。貴方の年齢と年収と返済期間で、収入基準をクリアできる、借入可能額を計算してみましょう。

  収入基準(総返済負担率) その他の基準
フラット35
  • 年収400万円未満=30%以下
  • 年収400万円以上=35%以下
  • 【フラット35】は建築費または購入価格の100%以内
    ※借入金額が購入価格の90%を超える場合は、90%以下に比べて金利が高くなる場合があります。
財形住宅融資
(住宅金融支援機構)
  • 年収400万円未満=30%以下
  • 年収400万円以上=35%以下
  • 購入価格の90%以内
  • 財形貯蓄の10倍まで(最高4,000万円)
財形持家転貸融資
(勤労者退職金共済機構)
収入基準なし
  • 購入価格の90%が上限
  • 財形貯蓄の10倍まで(最高4,000万円)
銀行ローン 年収の25%~40%が目安ですが、個々の審査で決まります。
  • 50万円以上1億円未満
  • 満20歳以上80歳未満  など
  • やってみよう
  • 借入可能な金額を計算する

この毎月返済額からローンの総借入額を計算することができます。

  • 下の「借入額1,000万円あたりの返済額早見表(以下早見表)」で、金利と返済期間を選びましょう。
  • 金利3%で返済期間35年の場合の借入額1,000万円あたりの毎月払の返済額は38,485円です。
  • 計算例の毎月返済額は175,000円なので、借入限度額は、
    175,000円÷38,485円×1,000万円=4,547万円  となります。

借入額1,000万円あたりの返済額早見表(元利均等返済)

資金計画
コラム
自己資金の準備
土地・建物以外に必要な諸費用
住宅ローン選択のポイント
返済計画
住宅ローンの見直し
その他の知識
カタログ請求はこちらから
資金計画に関するお問合せはこちらから
資金計画用語集
よくあるご質問