戸建住宅

よくあるご質問

8. 戸建とマンション、迷っています。どちらがいいのでしょうか?

Q

30歳の専業主婦です。現在住んでいる賃貸マンションが手狭になりました。家族構成は35歳の夫と長男7歳と次男5歳です。この際、ローンを利用して、さらに広いマンションか戸建住宅に住み替えようと考えていますが、どちらが良いのでしょうか。

A

賃貸から持家への住み替えを考える場合、戸建てかマンションかは悩ましいところです。戸建とマンションの選択は予算面からの制約など様々な判断材料が必要で一概には決められませんが、一つの選択肢としては、マンションは利便性、戸建は広さを中心にとの考え方があります。

リクルートリサーチが行った「住宅購入行動調査」では、住宅の購入を考えている人が、予算を考えないで重視するのは、マンションは「交通の利便性」、「居住空間の広さと間取り」、「居住の利便性の順番」ですが、戸建は居住の広さを重視するという結果がでています。しかし現実にはほとんどのひとは、予算優先的に考、その場合の選択基準は、マンションは、部屋の位置と使いやすさで立地条件を重視、戸建は住環境になるようです。
マンションと戸建をかのもう一つの注目点は、共同住宅か一戸建て住宅かという見方です。特にマンションは部屋だけではなく、共有部分も含めての購入ということでは、管理という点では、共同住宅の制約があります。一方戸建住宅は自己管理での住みやすさはありますので、しつかりと整備された住環境の住宅を持つことで、安心が得られます。マンションの良さは土地有効活用の面では経済的で、同じ予算であれば、戸建住宅より広さや立地面では有利性があります。戸建住宅可能であれば、将来的には、永住するのも好みの家に立て替えすることもできるメリットがあります。このような視点で家族の生活プランたった選択を考えましょう。

資金計画
コラム
自己資金の準備
土地・建物以外に必要な諸費用
住宅ローン選択のポイント
返済計画
住宅ローンの見直し
その他の知識
カタログ請求はこちらから
資金計画に関するお問合せはこちらから
資金計画用語集
よくあるご質問