戸建住宅

自己資金の準備

資金の貯め方

最近は頭金なしでもローンが組める金融機関もありますが、頭金が少ないとそれだけ借入金が増えて、返済額が多くなります。また手数料や引越費用などの諸経費も併せると、自己資金は多めに準備したいですね。

目標金額の設定

預貯金の目標金額は、以下の順に設定します。

住宅購入資金の目標を出します。
住宅購入資金の目標を出します。土地、建物などいろいろな情報を集め、希望の物件価格がどのくらいかを確認します。
自己資金の目標を計算します。
(1)の住宅購入資金の2割を頭金として設定し、計算します。

自己資金の目標額が決まったら、積み立て方法を検討しましょう。

  1. 毎月一定額を積み立てして、目標額を準備する。
    下記の計算機を利用して、シミュレーションしてみましょう。

やってみよう

毎月○円の貯蓄で、何年かかるか?

積み立て合計額を計算する

毎月いくら貯蓄したら、
目標金額になるか?

毎月の積立額を計算する

目標額を達成するために
どのくらい期間がかかるか?

積み立て期間を計算する

  1. 預貯金等まとまった資金を運用して、目標額を準備する
    下記の計算機を利用して、福利運用のシミュレーションをしてみましょう。

やってみよう

元金(現在の預貯金)の運用後の
受取額はいくらになる?

運用後の受取額を計算する

目標額を達成するために
必要な元金は?

必要元金を計算する

目標額を達成するために必要な
運用期間はどのくらいかかる?

運用期間を計算する

ここがポイント

安全で確実な積立方法を選びましょう
積立の目標額が決まったら、給与天引きや自動引落としなど、確実に貯蓄できる方法をおすすめします。
住宅購入に有利な方法を利用しましょう
住宅を購入するときに、住宅ローンの借入額が有利になる積立方法を積極的に使いましょう。
財形貯蓄を検討しましょう
勤務先に貯蓄制度(55歳未満)制度がある場合は、積極的に活用しましょう。
資金計画
コラム
自己資金の準備
土地・建物以外に必要な諸費用
住宅ローン選択のポイント
返済計画
住宅ローンの見直し
その他の知識
カタログ請求はこちらから
資金計画に関するお問合せはこちらから
資金計画用語集
よくあるご質問