戸建住宅

住宅ローンの見直し

住宅ローンの借り換え

「住宅ローンの借り換え」は、現在返済中のローンを一括返済して、新たに、変動金利から固定金利などの型の違うローンや、金利・返済期間の違うローンを借り直す方法で、金利上昇時には有効な方法の1つです。

一般的に、「住宅ローンの借り換え」でその効果が期待できるかどうかのポイントは次の3つと言われています。

  • 住宅ローンの返済期間が10年以上あること
  • 住宅ローンの残高が1,000万円以上あること
  • 借り換え後の金利が1%以上下がること

住宅ローンの借り換えを行う場合は、毎月の返済額や、総返済額だけでなく、借り換えをするローンの諸費用も含めたトータルで効果があるかを検討することが大切です。

ここがポイント

住宅ローンの借り換えの効果は次の計算式でおおよその目安が計れます。

借り換えにかかる主な費用

  • 抵当権設定に伴う税金
  • 司法書士への手数料

ここがポイント

借り換えにかかる諸費用は、そのための費用だけで数十万円かかる場合もあります。ローンの残高が少ないと、借り換えの効果よりも諸費用の方が多くなる事もありますので、ここはしっかりと確認しましょう。

v
R
Ȏ̏
ynEȊOɕKvȏp
Z[Ĩ|Cg
ԍόv
Z[̌
̑̒m
J^O͂炩
vɊւ邨⍇͂炩
vpW
悭邲