重要課題1:持続可能性と生物多様性に配慮した木材・資材調達の継続

基本的な考え方

住友林業グループでは、「木」を軸に事業を展開しており、国内外において持続可能な森林経営や木材調達を推進しています。木材及び木材製品の調達においては、気候変動対策や生物多様性保全などの環境面や、人権など社会面を包括したサステナビリティ重要テーマとして位置付け、数値目標を設定しマネジメントしています。

気候変動の要因の一つとして、森林減少への懸念が高まっており、木材調達における「持続可能性」への要求が高まっています。こうした中で、住友林業グループは2021年度までに「持続可能な木材及び木材製品」の扱いを100%にしていく目標を掲げ、持続可能な木材調達の評価基準をよりレベルが高いものとし、確認体制のレベルアップを図ります。森林資源の活用や生物多様性の保全と両立する山林経営と木材調達の確立としてKPIを定め、社会課題の解決に貢献していきます。

重要課題1のマネジメント

中期経営計画サステナビリティ編において、重要課題1「持続可能性と生物多様性に配慮した木材・資材調達の継続」は大きく3つの目標にわけ、管理部署の年度活動方針や施策に落とし込みマネジメントを行っています。

 

重要課題1に関わる目標

  1. 地球温暖化対策や生物多様性保全と両立する山林経営
  2. 持続可能な森林資源の活用拡大
  3. 持続可能なサプライチェーンの構築

ページの先頭へ戻る

各目標のマネジメント

地球温暖化対策や生物多様性保全と両立する山林経営

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標 管理部署 18年度
実績
19年度
計画
20年度
計画
21年度
計画
森林認証面積の保持、拡大 国内外の森林認証面積(ha) 資源環境
事業本部
220,951 220,417 221,117 221,467

持続可能な森林資源の活用拡大

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標 管理部署 18年度
実績
19年度
計画
20年度
計画
21年度
計画
国内外の苗木植林面積の拡大 自社生産苗木の植林面積(ha) 資源環境
事業本部
6,055 6,553 7,487 7,920
苗木供給本数(万本) 資源環境
事業本部
木材建材
事業本部
511 604 726
燃料用チップ・ペレット等取扱量の拡大 燃料用チップ・ペレット等取扱量(t) 資源環境
事業本部
木材建材
事業本部
1,188,010 1,221,130 1,363,930
持続可能な木材及び木材製品の取扱量、使用量の拡大 持続可能な木材及び木材製品の取扱量(%) 木材建材
事業本部
85 89 93 100
主要構造材における森林認証材(認証過程材含む)比率(%) 住宅・建築
事業本部

(0.1)
80
(12)
100
(12)
100
(12)

※ カッコ内の数値は認証過程を含まず

持続可能なサプライチェーンの構築

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標 管理部署 18年度
実績
19年度
計画
20年度
計画
21年度
計画
CSR調達調査表の見直し及び調査計画の策定 国内住宅部門のサプライチェーンにおけるサステナビリティ調査実施率(%) 住宅・建築
事業本部
65 75 80
輸入木材製品仕入先におけるサステナビリティ調査実施率(%) 木材建材
事業本部
100 100 100 100

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報