重要課題4:多様な人財が能力と個性を活かし、いきいきと働くことができる職場環境づくりの推進

基本的な考え方

住友林業グループでは、行動指針の一つとして「多様性を尊重し、自由闊達な企業風土をつくります」を掲げ、2017年に制定した住友林業グループ倫理規範において「育児や介護などの個人的な事情と業務のバランスの確保」「安全で健康的な職場環境の維持」「災害・事故等に備えた教育・訓練の定期的な実施」などを定めています。性別、年齢、国籍、人種、宗教、障がいの有無などに関わらず、多様な人財が活躍できる活気ある職場づくりを目指しています。

重要課題4のマネジメント

中期経営計画サステナビリティ編において、重要課題4「多様な人財が能力と個性を活かし、いきいきと働くことができる職場環境づくりの推進」は大きく4つの目標にわけ、管理部署の年度活動方針や施策に落とし込みマネジメントを行っています。

重要課題4に関わる目標

  1. 多様な発想と働きがいで活力を生む職場づくり
  2. 若年層育成と高齢者活用による人財の確保
  3. 働きかた改革による長時間労働の削減
  4. 労働災害事故の撲滅

ページの先頭へ戻る

各目標のマネジメント

多様な発想と働きがいで活力を生む職場づくり

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標 管理部署 18年度
実績
19年度
計画
20年度
計画
21年度
計画
女性活躍推進 女性管理職比率(%) 住友林業
人事部 3.7第三者保証マーク 4.2 5.0 5.5
国内関係会社
人事部 6.0 6.2 6.7 7.3
社員満足度の向上 社員満足度(%) 住友林業
人事部 81.0 83.0 84.0 85.0
社員満足度基準年度増減率 国内関係会社 人事部 2019年度比
105%
2019年度比
110%

※ 2018年度までは社員満足度調査を隔年で実施のため実績なし。2019年度より毎年実施

若年層育成と高齢者活用による人財の確保

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標 管理部署 18年度
実績
19年度
計画
20年度
計画
21年度
計画
評価制度の見直し(2019年4月)と考課者研修の実施による、中長期的な視点での人財育成
新卒3年離職率(%) 住友林業 人事部 18.0 17.0 16.0 15.0
国内関係会社 人事部 22.2 15.3 13.2 12.9
研修プログラムの充実化 社員一人当たり研修費用(千円) 住友林業 人事部 97
120 132 132
国内関係会社 人事部 53
65 66 66
研修延べ受講者数(人) 住友林業 人事部 11,367 13,000 13,000 13,000
国内関係会社 人事部 13,297 15,224 15,700 16,176
社員一人当たり研修時間(時間) 住友林業 人事部 13.6
13.7 14.4 15.5
期初定年退職直前面談会の実施 定年退職者の再雇用率(%) 住友林業 人事部 81.7
82.0 85.0 87.0
国内関係会社 人事部 73.3 64.0 67.7 78.0

働き方改革による長時間労働の削減

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標 管理部署 18年度
実績
19年度
計画
20年度
計画
21年度
計画
有給休暇の低取得率部署に対する改善指導 社員平均有給休暇取得日数(日) 住友林業 人事部 10.1 12.3 13.5 14.0
国内関係会社 人事部 8.7 10.0 10.6 11.3
フレックスタイム適用部門及び社内模擬臨検の対象拡大 2013年度比平均所定外労働時間削減率(%) 住友林業 人事部 ▲24.9 ▲27.6 ▲30.0 ▲32.0
2017年度比平均所定外労働時間削減率(%) 国内関係会社 人事部 2.0 ▲3.3 ▲6.2 ▲11.3

労働災害事故の撲滅

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標 管理部署 18年度
実績
19年度
計画
20年度
計画
21年度
計画
相互安全監査、製造部門の安全監査の実施

事例共有とリスクアセスメントの実施
重大労災発生件数(件)
(休業4日以上)
住友林業単体 人事部 2第三者保証マーク 0 0 0
国内関係会社 10 0 0 0
海外関係会社 16 0 0 0
国内山林現場
(請負会社)
資源環境事業本部 4 0 0 0
海外植林現場
(請負会社)
資源環境事業本部 3 0 0 0
新築施工現場 (請負会社) 住宅・建築事業本部 9 0 0 0
労働災害件数(件)
(休業1日以上)
新築施工現場 (請負会社) 住宅・建築事業本部 16 0 0 0

※ 件数に“一人親方”を含む

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報