重要課題5:企業倫理・ガバナンス体制の強化

基本的な考え方

事業のグローバル化、多角化及び規模の拡大を背景として、当社グループは理念体系の見直しを図っており、経営理念・行動指針・倫理規範に基づくサステナビリティ経営は、国際規範や国際イニシアティブなどの社会的要請にも準拠しています。また、リスク管理委員会における重点管理リスクの継続的な管理により、グループ会社を含めた事業リスクマネジメント体制の強化を図るとともに、災害に対するBCM(Business Continuity Management :事業継続マネジメント)体制の強化も進めています。

重要課題5のマネジメント

中期経営計画サステナビリティ編において、重要課題5「企業倫理・ガバナンス体制の強化」は大きく1つの目標を設定し、管理部署の年度活動方針や施策に落とし込みマネジメントを行っています。

 

重要課題5に関わる目標

  • リスク管理・コンプライアンス体制の強化

ページの先頭へ戻る

各目標のマネジメント

リスク管理・コンプライアンス体制の強化

課題・戦略に
基づく具体策
評価指標 管理部署 18年度
実績
19年度
計画
20年度
計画
21年度
計画
リスク管理委員会による重点管理リスク項目の進捗確認と顕在化リスク項目の共有化 重点リスク管理の進捗管理(リスク管理委員会の四半期ごとの開催)(%) 総務部 100 100 100 100
コンプライアンス浸透度の把握と不正・コンプライアンス違反の通報ルートの拡充 「コンプライアンス意識調査」の定期実施・段階的展開 総務部 住友林業単体 主要国内グループ会社 国内全グループ会社及び一部海外グループ会社
BCM(事業継続マネジメント)に関する外部からの認定の取得 レジリエンス認証の取得
総務部 住友林業単体 主要国内グループ会社全て 主要国内グループ会社全て
気候関連リスクが組織に影響を与える(可能性のある)財務的影響の分析、開示 TCFDシナリオ分析の実施、及び開示 サステナビリティ推進室 国内住宅事業・木建事業の2部門で実施 国内住宅事業・木建事業の2部門の分析結果の再検証、及び対象範囲の拡大、開示 国内住宅事業・木建事業の2部門の分析結果の再検証、及び対象範囲の拡大、開示 全事業部門の分析結果の再検証完了、次期中期経営計画への織り込み

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報